おすすめASP/ツール 節約

【2021年版】確定申告で使える会計ソフト 私が過去に使ってよかった3選

投稿日:

 

ギンサラ
ギンサラ

インターネット環境があればどこでもログインをして、会計処理ができるサービスがクラウド会計です。

場所問わずに利用できるので、コロナでのリモートでも自由に使えるソフトになっています。

私は過去にこれから紹介する3つを使ったことがあります。どれも使いやすいですが、特に使いやすかった会計ソフトはこの記事の最後にお話しします。

freee

freee は、確定申告の作成が質問形式になっているので、それに答えていくだけで、簡単な書類を作成できるツールです。そのため確定申告も簡単にできてしまいます。
青色申告と白色申告の両方に対応しているため、スマホからでも仕訳や確定申告の作成ができます。レシート機能を搭載しているため、スマホで写真を撮るだけで金額や日付などの情報を取り込むことが可能です。入金や支払い予定も通知してくれるので安心です。

内容

  • 確定申告の作成と出力
  • 請求書の作成メール、チャットサポート
  • スタンダード・プレミアムのプラン
  • 月次推移・資金繰り・売掛・買掛のレポートが作成
  • プレミアムプランは税務調査サポート保証
  • 税理士の立ち合い費用を補償で安心

料金

  • スターター 980円/月
  • スタンダード 1,980円/月
  • プレミアム 3,316円/月

公式サイト:クラウド会計ソフト「Freee」

 

 

弥生シリーズ(企業向け)

 

会計ソフトの老舗は、この弥生会計です。windowsやMacでも利用可能で、クラウド型のソフトのため場所問わずに利用可能。初期費用は無料です。金融機関の取引データや領収書などの入力および仕訳を自動化し、会計業務の効率化を実現しています。

また、日々の取引結果がグラフで表示されるため、経営状況が把握しやすくなるのです。
さらに、弥生の会計、申告ソフトの取引データや他社ソフトのインポート、エクスポートが可能。電話やメールでの操作サポートや経理業務相談も受けることができるなど、顧客サポートも万全です。

内容

銀行明細
クレジットカードなどの取引データを自動で取込
簿記/会計の知識がなくても使える機能と画面設計
日々の取引を自動で集計
見やすいレポートで管理できる

料金

【初年度無償キャンペーン中】
• セルフプラン:初年度0円 通常26,000円(税抜)/年
• ベーシックプラン:初年度15,000円 通常30,000円(税抜)/年
※操作質問、業務相談などのサポートが利用可能
※起業直後の方向けに、ベーシックプランが0円になるキャンペーンもあります

公式サイト:企業向け明細ソフト「弥生シリーズ」

 

個人事業主の方は下記のソフトになります↓

やよいの青色申告(個人事業主向け)

やよいの青色申告 オンライン は、簿記や会計の知識がなくても青色申告ができるツールです。レシートや領収書の金額を手打ちで入力しなくても、スキャンもしくは撮影すると自動仕訳してくれるので便利です。セルフプランなら1年間無料でお試しできるので、初めて利用する人はかなりお得に契約できます(2021年3月時点)。帳簿付けから確定申告書類の作成、提出(e-Tax)までこれひとつでOKです。

自宅から提出できるe-Taxに対応。65万円控除もスムーズ
有料プランはいずれも初期サポートがあるので安心
ベーシック・トータルプランは画面共有サポート付きなので、操作方法が分からなくてもすぐに解決できる。

公式サイト:確定申告「やよい青色申告オンライン」

 

白色申告 オンライン(個人事業主向け)

やよいの白色申告オンライン は、取引データをクレジットカード・領収書・銀行口座から取り込んで、自動で仕訳をしてくれる入力が簡単なツールです。同ツールは白色申告に必要な入力項目しかないので、入力間違いが起こりにくく、初めて白色確定申告を作成する人でも安心できます。

シェアNo.1、あんしんの弥生のソフトがずっと無料で使える
簿記の知識がなくても帳簿付け、確定申告書類の作成ができる
レシートの撮影データや銀行明細の取引データを自動で取込できる

公式サイト:確定申告「やよい白色申告オンライン」

 

 

MFクラウド(マネーフォワード クラウド確定申告)

マネーフォワード クラウド確定申告 は、人工知能・機械学習AIがビッグデータから勘定科目を提案してくれるツールです。使えば使うほど自動入力・仕訳の精度が高くなり、楽に帳簿や確定申告を作成できるようになります。他の請求書・経費・給与・勤怠・マイナンバーといったシステムも利用できるため、従業員を雇い入れる場合に重宝するでしょう。

内容

年間払いのほか、月額払いが選べるため元手がなくても始めやすい。
有料プランは会計以外の上記で挙げたシステムも利用できる(パーソナルミニのみ会計・請求書のシステムに一部制限あり)。
銀行・クレジットカード・電子マネー・POSレジと連携できて仕訳が楽に行える。

料金

• パーソナルミニ 800円/月
• パーソナル 980円/月
• パーソナルプラス 2,980円/月

公式サイト:クラウド会計マネーフォワード クラウド確定申告

 

 

まとめ

会計ソフトは、とても便利です。

クラウドから対応してて、スマホと連動してるので管理もしやすい。

ぜひ、試してみてください。個人事業主ですと1月〜12月で締めですので、今年中に終わらせとくと楽ですよ。

 

ギンサラ
ギンサラ

ちなみに私は、過去に3つのソフトを使っていましたが一番使いやすかったのが「Freee」です。

理由としては、色合いもカラフルで見やすかったですし、スマホの管理画面も見やすいです。

結構ストレスを感じることが少なかったので、今も使ってます。また、チャットサポートがあるので、悩みをすぐにチャットで相談できます。

簿記に詳しくない人でも使いこなせるソフトだと思います。

無料で試せるものも多いので、トライヤルで自分にあった会計ソフトをリサーチしてみてもいいかもしれませんね。

-おすすめASP/ツール, 節約

Copyright© 元公務員のギンサラ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.